スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/26 リーダーのためのEQを活用した「人を動かす」コミュニケーション

とても良いお天気の月曜日
1/26 に日経ビジネススクール主催
『リーダーのためのEQを活用した「人を動かす」コミュニケーション』 
が実施されました。

様々な業種、職種、年齢層の方に
お集りいただき、ても活気のあるクラスになりました。
スタート時は少々固かったクラスの雰囲気でしたが、
ペアワークやグループワーク等を経て、
クラスの雰囲気はどんどん熱を帯び、
後半では誰かが発言すると自然に拍手や
言葉が発せられるようになっていましたね~。
まさに、皆さんがEQ(感情知性)を発揮しだした
とうこと! 私自身、大変楽しくクラスに参加
させていただきました!

弊社EQ講座恒例の「褒める言葉コンテスト」、

続きを読む »

スポンサーサイト

ATD アジアパシフィック大会 in TAIWAN! その1

DSC_0850.jpg
Association for Talent Development
(世界100カ国余に7万人の会員を擁する世界最大の国際的人材開発研究団体)
のアジアパシフィック大会が台湾で開かれ、参加してまいりました。
今回は、私が参加した4セッションのうち、印象に残ったセッションについて
2回に分けて報告させていただきますね。


■ ”Learning Preferences and Teaching Across Culture and Generations” by Bob Pike

1)学び方として、「型が決まった方法」と「自ら選択する方法」は約50%ずつで
 好みが分かれる  
2)情報収集の方法として、「全てを網羅する情報を得ることを望む」と「実務に
 必要な情報のみ、集中的に収集したい」は約50%ずつの好みにわかれる 
3)人とのインタラクションについては、「人と学ぶことが好き」と「個人で学ぶ
 ことを好む」に大きく型が分かれ、前者が約75%の割合でいる
  
 なお、BobPike氏によると、上記の%割合は、氏がトレーニングを展開する世界中の
国々(米国、ヨーロッパ、アジア、中東等)どこに行っても、世代や価値観、民族が入り
混じった場所であってもほぼ同じ割合が存在するという。
 
 一言で「大人のための学びをデザインする」といっても、これだけ多様化する組織の
中では、

続きを読む »

日経BP「ヒューマンキャピタルオンライン」で書評執筆をスタートしました

その名も、
 「池照佳代の人事・人材育成担当者が読んでおきたい本」 
日経BP社 ヒューマンキャピタルオンラインで、
ビジネス書評のコーナーを担当することなりました。

今月から、
毎月3冊の書籍をご紹介いたします。
人事・人材育成担当者の皆様と一緒に、
読みながら考えたい書籍ということで、
過去そして現在私が担当している
各クライアントの担当者の皆様の顔を
思い浮かべながら取り組んでいます。

「うふふ、△△さんだったらこの部分に思わず
線引いちゃうんでは・・・?」

「あー、この部分、「ちがーう!」って○○さんだったら
反応するんでは・・・」

なーんて。

月に3冊という宿題は、結構大変なのですが(すでに弱音)、
これまで超いい加減に読んでいた書籍に読み方を、
少しでも丁寧にできるのではとポジティブにとらえています(^^♪

すでに、日経BP社の編集長から次号に向けた
書籍のご紹介もあり、プレッシャーですが・・・(*_*;

がんばります。

ちなみに、今月ご紹介したのは以下3冊です。

『グローバル時代の人事コンピテンシー』


『クリエイティブ人事』


『企業内学習入門』


今後も続きます!
どうぞよろしくお願いいたます♪ 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。