スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業競争力会議に参加しました!

先月、
内閣府の産業競争力会議
雇用・人材分科会有識者ヒアリングに
有識者の一人として参加させていただきました。

4/14 会議の内閣府資料
→ こちら 

テーマは、
・労働時間制度の見直し
 ・創造的な人材が能力を発揮できるようにする観点
 ・女性の活躍を促進する観点

私以外の有識者3名は、

続きを読む »

スポンサーサイト

文科省採択事業会議にて 

『平成24年度
 文部科学省採択事業
 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業
 首都圏に立地する大学における産業界のニーズに対応した教育改善
 テーマ3』

にて、
講演する機会をいただきました。

fff

首都圏の主要大学のキャリア関連科目やプログラムを、
産業界のニーズに近づけるための改善策を出していく
文科省採択事業とのことです。

今回は、企業の教育プログラムを企画する者として、
そして、
キャリア教育関連のNPO法人理事としての立場で
お話をさせていただきました。

詳しい資料をご覧いただくことはNGなのですが、
私からの提案は、






   



続きを読む »

採用基準のおはなし

「企業には明確な採用の基準はなく、
採用面接官の主観で決めているから」

弊社インターン生が
学校のキャリア担当講師から投げかけられた
言葉だそうです。

もちろん、そんなことはありません。
少なくとも、私が在籍した6社の企業、
そして、独立してから人材採用中心に
携わった役15社では。

現場のマネージャーは
「即戦力になる若い力」に期待し、
本部のマネージャーは
「10年後のリーダー」に期待します。

この現場、そして10年後~の
時間スパンが異なるものの、
現場での日々の行動判断と、
経営を見据えた判断ができる人材
が必要ということです。
だからこそ、理念なのか、行動指針なのか、
何を軸として「人」という生きるリソース
を企業に取り入れるか、、、こんな
ことをずっとやり続けながら現場は
進んでいます。

明確かふ明確化は程度かもしれませんが、
企業の採用現場は、今日も来年、10年後
に一緒に仕事をする「君たち」を想って
今日も考えてますよ。

career1.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。