スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用改善?

(2005/12/16)女性の就職者数、離職を上回る――今年上期5年ぶり、パート拡大 
雇用環境改善のすそ野が広がってきた。厚生労働省が15日発表した雇用動向調査によると、今年上半期(1―6月)に転職も含めて新たに仕事に就いた女性の数は228万人と離職者数(217万人)を5年ぶりに上回った。転職によって賃金が増えた人の割合も2年ぶりに上昇し、雇用が流動化する中で条件の良い仕事に就く人が増えている。
 調査は常用労働者が5人以上いる全国の1万4000事業所を集計した。今年上半期に就職した人は男女合わせて442万人と、離職者数より16万人多かった。男性は二年連続で就職者数が離職者数を上回っており、企業の採用意欲が女性にも波及してきた形だ。就職者数の前年同期からの増加数は女性(37万人)が男性(15万人)を上回った。
 女性の雇用はパートが受け皿になっている。パート労働者として就職した人は171万人と、前年に比べて36万人増加した。一般労働者の増加数は15万人にとどまり、厚労省は「労働移動はパートが活発になっている」と分析している。
[日本経済新聞 朝刊]

5年ぶりに職に就いた人の数が離職者数を上回ったとのことです。
企業活動が動いてきたことで、労働市場が動き始めたようですね。
 でも、記事には「雇用環境改善のすそ野が広がってきた」
とありますが、本当でしょうか?

雇用の絶対数は増えましたが、その内容はパート労働の部分が
増加したことによるもので、安定的な雇用には繋がっていません。
また、パート労働者の雇用条件が大きく改善された
ということではないような気がします。

でもテルは、
パート労働を否定している訳では決してありません。
仕事と家庭のバランス、またはそのた自己実現をかなえるためには
労働を時間で区切るパートは大変に合理的な働き方です。

要は、
その働き方をどう活かすか。家族との時間をとる、勉強する時間をとる、自分の興味のある活動をする、、、などなど、
使い方は「意識」次第。
雇用改善にはならなくても、何事も意識次第で「自己改善」
にはなるな~と考えさせてもらった記事でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。