FC2ブログ

ホワイトカラーエグゼンプションについて考える

現在のクライアント企業で進めているのプロジェクトの
ひとつに「高い専門性をもった社員の働き方・労働時間」
が課題になっています。

と、いうことで思い出したのです。
ホワイトカラーエグゼンプション
確か昨年の一時期ちょっと日経連が提言したとかで
話題になってたけど、どうなってるんだっけ、、、と。

で、調べてみました。

ホワイトカラーの働き方の特性に応じた労働時間制度に対する
経済界からの要望の高まりから、経団連が米国発のコンセプトを
ベースとした「ホワイトカラーエグゼンプションに対する提言」
を発表したのは昨夏。
これは、年収400万以上のホワイトカラーを対象に、
「労働時間」の管理から「成果内容」へ管理軸を移そうをいうもの。
それは、彼らの仕事が
考えやアイディアを出し、それを実行するものであるから。

一方、厚生労働省は昨年の
「今後の労働時間制度に関する研究会」のなかで、
米国を含めた諸外国のプラクティスを元に権限度合いや
個別の書面による同意、健康チェック体制や一定水準の賃金等を
盛り込んだ条件案を提示。

これらに対し、
連合等の労働組合では、この制度導入によるさらなる
サービス残業や長時間労働の増加を懸念しているとのこと。

・・・

続きを読む »

スポンサーサイト