スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ母の日

題名の「母の日」はちょっと置いておいて、

 人事制度の設計 < 運用方法のサポート < メッセージの発信 

私が思う人事制度設計支援の形です。
様々な企業の制度設計にかかわらせていただいていますが、
最近特に、制度の設計そのもの以上に、
制度やしくみの運用(活用方法)を支援することと、
そこにあるメッセージをきちんと発信することがとても大切だ、と感じます。

こんなことを書いたら怒られるかもしれませんが、
「人事制度」の枠組み自体は、各社で特徴はでるものの
それ自体に大きな差があるとは思えません
(もちろん、特徴としての色はでますが)。

優秀な人材を採用し、教育し、様々な経験をしてもらい、
会社とともに成長してもらう、、、
そのために、評価、報酬、社内で格付けするための等級制度を入れる。
どちらの企業も優秀な人材が
 ひきつけられ(Attract)、
   成長し続けられ(Motivate)、
     ひきとめられる(Retain)     しくみをいつも模索しており、
私はいつもそんな「熱い想い」を実現する基盤づくりを支援しています。

制度や枠組み自体には大きな差があるのではなく、
特徴が色濃く出るところはむしろ 
 ◆現場での制度活用の方法を支援すること と
 ◆会社(マネジメント)からのメッセージを明確に伝えること と感じています。

「人事制度の改革、設計」をお題にいただくことが多いのですが、
「制度の設計も大事ですが、それをどうコミュニケーションするかがキーでは」
という提言をすると、「?」と拍子抜けされることもあります。 
「いや、うちは結構コミュニケーションしてますから~」っと。

実際に少し時間をかけ、お話をしていくと本当の問題が
「制度設計」なのか、「運用のサポートや強化」なのか、はたまた
「伝え方の工夫」なのかがすこしずつはっきりとしてきます。
半分、またはそれ以上が「制度」のチューニング(部分的な改善)と
「運用」「メッセージ」の工夫が課題として上がったりします。
この課題を関わるみんなで共有するこの段階が、
結構重要で、必要なのだな~っと最近特に感じます。

で、話はもどって、

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。