スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ToDoからToBeへ

ここ数年の仕事の多くが、
企業の教育プログラムの企画や設計なのですが、
私自身がいつも問いかけているのが、

「ToDoからToBeへ」です。

企業の研修というと、
どうしても「どうやるか」「どんな手順でやるか」「いつやるか」などの
HOWを教えるものが多くなりますが、

一人ひとりが考えて行動を起こすことを期待するのであれば、
WHATを一人ひとりが考えるべきことがまず第一ではないかと。

仕事のサイクルは、
多くの書籍やテキストでは PLAN → DO → CHECK となっていますが、
本来、仕事を回すサイクルは、
WHAT → PLAN → DO → CHECK なはずです。

会社員の仕事では、「WHAT」は会社や上司が決めるものであって、
そこは社員にとっては不可抗力でしょ、、、 とするところも多いのかもしれませんが、
私は「WHAT」も含めたものが仕事のサイクルであるべき、と考えています。

どうやるか、から どうあるべきか 

つねに問いかけながら、創っていきたいな~っと 強く感じる今日この頃です。 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。