スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本、テーマはイノベーション

「最近面白い本なんかない?」
と友人に聞かれて思い返しました。
そういえば、
今年読んだ本は「イノベーション」がテーマのものが
比較的多いな~。

イノベーションテーマの本、厳選3冊ご紹介~。

●『20歳のときに知っておきたかったこと』
スタンフォード大学 集中講義 
→クライアント先でお世話になっているKさんから教えて
いただき、一気に読みました。帯にある「この世に自分の居場所をつくる」
って言葉、そのためにしなきゃいけないことを考えさせられました。
スタンフォードなんていうと難しい感じがしますが、
さまざまな人のアイディアや工夫がフンダンにちりばめられていて
ワクワク感いっぱいで読破できます。
Kさんは情報収集の幅が広く、いつもいろいろと教えてくださいます。
ありがとうございます~。
今朝の日経新聞にも宣伝が出ていましたね。



●『イノベーションのジレンマ』 クレイトン・クリステンセン
 『イノベーションへの解』クレイトン・クリステンセン/マイケル・レイナー
→すでに10年ほど前の経営書古典ですが、今年になって
読み返しました。常識が常識じゃなくなる、意図的な変化を起こす、、、
10年前を今とではまた違った見方ができて、とっても
楽しく読み返せました。
思えば、10年前の私自身も、今の自分は想像できなかったです。
いい意味で、いろんな変化や状況に都度対応してきたんだろうな~っと。
また10年後に読み返したい2冊です。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。