スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッカーバーグ氏のスピーチ

ユーチューブより
Mark Zuckerberg's Speech to Graduates at Belle Haven

FacebookのCEOのマーク・ザッカーバーグが、
米国時間の6/8、カリフォルニア州の中学校の
卒業式でスピーチをしたときの映像のようです。
本当に、誰かのお父さんが家庭用のビデオで
撮ったな~って感じ。

一緒にこれを見た同僚が「え、これ本当に中学校の卒業式
なんですか?」と確認するほどラフな格好。
Tシャツで出てきて演台に立つザッカーバーグ氏は、本当に
その辺歩いてた「お兄ちゃん」って感じです。
カリフォルニア州の中学校なんて、そんなもんだ。

「ぼく自身、中学校の卒業式のことはあまり覚えていないね」から
はじまったスピーチは、3つの彼らしいメッセージが
でまとめられています。

■「成功に近道はない」 
→Facebookのような会社やサービスを作るには自分はこれをやり抜けると信じることが大切だ。やる価値がある物事というのは例外なく困難なこと。一瞬ひらめきでの成功はなく、何年も何年も努力を継続する。

■「愛する人々との関係を強めること」
→周囲にいる(いてくれる)人にフォーカスし、愛する人との関係を強める。 どんなヒーローも、
周囲の人なし偉業を達成しない。

■「自分が愛せることをする」 自分が愛することをする限り、困難を乗り切る力が湧いてくる。自分が楽しめること、→好きなことに対してなら、ずっとたやすく集中ができる。


彼なりの哲学を、


続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。