FC2ブログ

全てに意味がある

先月(3月)は、
日本では卒業、異動と学生時代から
様々な節目の時期にあたりますね。
みなさまにはどのような節目が
思い出としてありますか?

 「全てに意味がある」。

小6の息子の担任、Y先生が終業式で生徒たち
に贈った言葉です。小学校6年といえば、
昔も今も「難しいお年頃」なのかもしれません。

MP900425487[1]


友達との人間関係、親への反抗、進学の悩み・・・
11-12歳の子供ながらの様々な葛藤があり、
平穏無事に見えた教室内も、ちょっとしたいじめや
言葉の暴力、家出、登校拒否、、、
それはもういろいろとありました。

かくゆう我が息子も、
小6の男子らしい問題を数回起こしては、
先生に特別な時間を割いてもらった児童の一人です。
Y先生は、そんな生徒たちの問題が発生する度に
真摯に向き合い、彼らの目線になって語りかけていました。

それは、

続きを読む »

スポンサーサイト