FC2ブログ

ATD アジアパシフィック大会 in TAIWAN! その1

DSC_0850.jpg
Association for Talent Development
(世界100カ国余に7万人の会員を擁する世界最大の国際的人材開発研究団体)
のアジアパシフィック大会が台湾で開かれ、参加してまいりました。
今回は、私が参加した4セッションのうち、印象に残ったセッションについて
2回に分けて報告させていただきますね。


■ ”Learning Preferences and Teaching Across Culture and Generations” by Bob Pike

1)学び方として、「型が決まった方法」と「自ら選択する方法」は約50%ずつで
 好みが分かれる  
2)情報収集の方法として、「全てを網羅する情報を得ることを望む」と「実務に
 必要な情報のみ、集中的に収集したい」は約50%ずつの好みにわかれる 
3)人とのインタラクションについては、「人と学ぶことが好き」と「個人で学ぶ
 ことを好む」に大きく型が分かれ、前者が約75%の割合でいる
  
 なお、BobPike氏によると、上記の%割合は、氏がトレーニングを展開する世界中の
国々(米国、ヨーロッパ、アジア、中東等)どこに行っても、世代や価値観、民族が入り
混じった場所であってもほぼ同じ割合が存在するという。
 
 一言で「大人のための学びをデザインする」といっても、これだけ多様化する組織の
中では、

続きを読む »