スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・修了

昨年の4月から1年制の専門職大学院の学生になり、
本日、無事に修了証書をいただくことができました。

今日は「修了祝賀会」があり、
お世話になった先生方や仲間達と1年間の思い出話に
ふけりました。

会場で修了生としてご挨拶の機会をいただき、
私が話をしたのは「この1年を振り返る私の標語」。

まず第1期は、
これまでの生活とまったく違う世界に
入ったことによる「頭の筋肉痛」。
そして、
第2期目は、新たな価値観や新しい刺激に
適応しながら新しい自分の価値を創っていた(はずである)
明るい妄想」。
最終期は、
自分なりに納得とふんぎりをつけた「勝手な思い込み」。
思い込みの一つは、この年になっても
新たな環境にもまだ踏み込むことができる力を自分がもってた。
だからこれからも新しいことやっても
大丈夫!という思い込み。
そして、
先生方や仲間に恵まれて、助けられて、何とかそれを達成した。
だから、これからもずっと助けてもらえる人がこんなにいる!
という思い込み。

振り返ると、
固まりかけた価値観を打ち壊し、
様々な方々から刺激を受け、
そして新しい価値を見つけたり、新しい自分に
ふれることができた1年でした。
これからもずっと助けてもらう皆様方、
末永くご指導のほど、よろしくお願いします。

いやほんとに、
怒涛の勢いの激しい1年間でしたが、楽しかった。
修了できたのは、先生や仲間達の多大な指導と協力、
そして何よりも、
ときに家庭教師をかってでてくれた主人と、
大きな病気や怪我もなく、元気でいてくれたわが子
には感謝です。
「ママ、宿題終ったの?」というつっこみに、
何度となく励まされた(?)ことか。。。

今後も、
この濃い学生生活を時々振り返りながら、
このブログにも盛り込んでいきたいです。



関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。