スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝物がまたひとつ 広尾中学校プロジェクト報告 1/2

NPO法人キーパーソン21の活動を通して、
宝物がまたひとつ増えました。

hiroo1.jpg

hiroo2


今回は、
私のクライアントでもあるノバルティスファーマxキーパーソン21@
渋谷区立広尾中学校での「コミュニケーションゲーム」実施。
「大人役」として参加させていただき、
また「中学生からのお手紙」をいただきました♪

ノバルティスファーマは、「人々の命に貢献する」を理念としている
グローバル製薬企業です。もともと、社会貢献活動のひとつとして、
「よき企業市民であるための活動」や「地域社会への貢献」
活動に力をいれてらっしゃり、とくに、三谷宏幸社長は自ら
「学校に行こう!」と子供たちや社会への貢献活動に高いご理解と
自ら手を挙げて動かれちゃう実行力の持ち主。

そこで、今回は、
「地域社会に貢献する」というノバルティス様の考えと、
「地域の社会人を巻き込んで子供たちに夢と職業意識を」の
キーパーソンがタッグを組んだというわけです!

「おもしろい仕事人がやってくる」



セッションでは、中学2年生全員を
前に、三谷社長が自らの中学生時代や現在の仕事までの道のりを語り、
また、中学生からのするどい質問に応えてくださいました。

「仕事にやる気がないときはどうしますか、、、」 
こんなこと、社員じゃ聞けませんよね (苦笑)


続く
コミュニケーションゲームでは、
通常は6時間かかる事前研修を、
その多忙さと優秀さ故に約1/3ですませたノバルティスの社員の皆さまが
「大人役ファシリテーターに」。
当日は、素晴らしい笑顔! コミュニケーション力! 仕事・会社に対する誇り!
そして、社内ではなかなか発揮できない抜群の演技力!を中学生たちに
披露してくださいました。
数年担当させていただいている私ですが、あまりの素晴らしい
大人役ぶりには感激しました。

広尾中学校の生徒さんは
とても素直で礼儀正しく、こちらも驚き。
参加した大人全員分の靴箱すべてに名札を付けてくださって
いて感激しました。。おそらく、先生方の熱心な指導と情熱が、子供たちにも伝わって
いるのだろうなと感じます。
つくずく、組織(学校も含めて)は、とくにトップにたつ、リーダーの
「人となり」に大きく影響されるものだなと感じました。



次回に続きます~ 

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。