スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用におけるWebの功罪

求人採用のウェブ利用増加は、
ものすごい速さで加速していっています。

リクナビ、
中途採用の求人情報、
企業のHP、
スカウト、
そして最近では、
SNSに自分のプロフィールを
登録しておけば
求人企業やサーチ会社から
連絡が来たりします。

まず功罪の「罪」の方からみると、
採用現場の人事担当者が、求められる情報更新の速さと
膨大に増えた候補者とのやりとりに追われてしまっていること。
これで、体を壊す人事担当者の方、最近とっても多いのです。
私の元同僚や知人にもちらほら、、、。
あまりの業務の多さに、採用の一部、または全業務を
外部に委託している会社も多いのが実情です。
「採用」という仕事は職人眼ともいえる「プロの目」が必要です。
この「目」を養う仕事は、委託できる部分と自分達の中で蓄積する
ものとのバランスのある視点をもたないと、
とってももったいないことをしてしまうかもしれません、、、。
または、「プロの目」を養うために、「プロ」を雇って技を盗むのも
ひとつの方法かもしれませんが。

それから、就職希望者は、
画面上の膨大な求人件数に「求人数の錯覚」をおこすことと
リアルに吟味せずに「とりあえず応募」が増えてしまうこと。
確かに、
ひところに比べると求人数は増加しているポジションがあることは
確かですが、プロフェッショナルレベルについては
「増加」とは言いがたい部分もあります。
(むしろ、高い採用基準を崩さない企業が多いようです)
「とりあえず応募」を促すような画面上の風潮も、
ちょっと注意が必要ですよね。

なにより、
新卒も中途も、ウェブ上だけで就職活動が行われるわけではありません。
キレイな地図や写真、それから転職ストーリーで語られるページよりも、
実際の職場を見たり、その会社の社員の方の表情をみると、印象は
違ってくるかもしれません。
「自分の目」で確かめることも、忘れないで。

でも、功の部分もあります。
何よりも、ウェブの「情報収集」の数と速さを使わない手は
ありませんから、、、。

要は、「ツール」をどう使いこなして
自分が主体となった判断をするか、、、なのかな、
と最近とくに感じる次第です。



関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。