スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.5人称

5/12の新聞(日経)夕刊記事に2.5人称という記事がありました。

作家の柳田邦男さんが提唱されている言葉で、
「自分だったらという一人称の視点。家族(あなた)ならばという二人称の視点。そして他人事と見る三人称の視点。一人称、二人称の視点だけでは感情に走って冷静な専門的判断が下せなくなる。かといって無味乾燥な三人称の視点であれば、人をモノとして扱うようになりかねない。人を対象とする専門職に求められるのは、一人称と二人称を考慮に入れつつ三人称的な専門的判断を下せる2.5人称の視点が必要である」ということです。

これって、
人を対象とする専門職としての「人事」や「マネジメント」
にももちろん当てはまることだな、と感じました。


社内の人事として、
時に相手には「不本意」な決断や評価をしなくては
ならないこともあります。
それが、相手のことを最大限に考えた結果であっても。

「自分ならどうするか」、
「身内ならどうするか」、
そして、「第三者ならどうなのか」。
常に、そこに関わる様々な方の視点を総合的に
もって判断し、行動する。
この「視点」をもつことが大切なのかな、と思いました。

でも、この記事の最後にもありましたが、
接客サービス等の現場では、この視点をもった接客が
「重すぎる」ことも、、、、と。
そう、この伝え方って難しいですよね。

「他人である貴方のことを2.5人称で考えたのよ」って
いうのが伝わると、ちょっと重荷になるっていうことですね。

2.5人称の視点をもちつつ、
あくまでも3人称的な対話で適度なバランスを保つ。

うーん、
かなりな技術が必要なようですね。



関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。