FC2ブログ

暗い照明のもとで

東京の町の電気が、
節電のためにいろいろな場所で
消されていますね。

最初は
慣れない暗さに不安を感じましたが、
最近は「これ、悪くないな」と思う
ようになりました。
gaito.jpg

暗い夜は
無理に明るくすることはない。
暗くなれば、
みんな家に帰ろう、、って
思えるんじゃないかと。

そういえば、
アメリカの家庭は
間接照明の家が多かったです。
日本のように
天井にがちっと電灯や蛍光灯が
はめ込まれておらず、
四角い部屋という空間に、
目的に応じたライトやランプを
付けて行く感じ。

リーディングランプ、
ライティングランプ、
そして、ディナーテーブル用のライトなど。

日本の家のように、
どの部屋も明るくて、どこでも
本が読めるということではなかったな~。
本を読む場所に、本を読むためのテーブルと、
本を読むためのランプがあったりね。

311以来、
我が家でも極力電気を使わず、
使う部分だけ目的をもって明り
をつけています。
先日、家族と、「この方がいいかもね」
なんて話をしていたところです。

偶然ですが、
昨日読んだ本に、同じことが書いてありました。

『建築家の名言』


「明るい家庭づくりには暗い照明」

建築家の宮脇檀さんの言葉だそうです。
~ どこもかしこも明るい状態では
   心理的な緊張感をほぐす場所がない ~
とのこと。

読むためのライトの下で、こんな素敵な本を読んで
とっても共感。なんだかとっても得した気分の
夜の読書でした。



■■■ マイブックプラスからのお知らせ ■■■

がんばれ東北 がんばれニッポン キャンペーン

・3月25日、TOCビル チャリティーセール開催 
  ご協力&お買い上げいただきましたお客様、ありがとうございました。
  売上の一部を、TOCビル義援金として寄付させていただきました。

 ・3月25日より、マイブックプラスでギフト絵本のお買い上げ1冊につき、
  100円を日本赤十字社に寄付をさせていただきます。
  「大切な方へのプレゼントが、大切な誰かの笑顔を守ります」
  皆様のご協力、ありがとうございます。

 ⇒ こちら
charity.jpg


☆今年の母の日は、「ありがとう」ってちゃんと伝えたい

 ・今年の母の日は5月8日 
  母の日のプレゼントは、幸せを呼ぶハッピーローズと「ありがとう」を伝える
  絵本をプレゼント。
  
  早期予約受付中 ⇒ こちら

mamakiss


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する