スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性役員比率の記事

日経新聞記事
【女性役員、欧州一気に】
各国で30~40%登用義務導入、EUも検討
欧州で上場企業と公的機関に一定以上の女性役員登用を義務づける
制度の導入が加速してきた。ベルギー、オランダで法律が成立し、
欧州連合(EU)はEU全域を対象にした法案の検討に入った。
役員の3~4割を女性に割り当てる内容。一方、日本経済新聞の調べは
日本の国内主要企業の女性役員比率は1%に届かず、格差が一段と
広がることになる。(解説総合2面に)


先日の日経新聞夕刊一面に
あた記事です。

クライアントである外資系企業、および
大手日系アパレルの新卒採用時の
男女比率は、50%以上が女性です。
企業に入社する時には、女性の方が優秀、、、
なんてお話もよく聞かれます。
が、10年後にはこの比率は逆転します。

大手企業では、育児休業、
フレックスタイム、また時短制度
といったインフラ的支援制度は各社で整った
ものの、十分な活用にいたって
いない部分もあります。

今や、
仕事をする場で女性がいることは
当たり前になったものの、
まだ一部では、性による役割の価値偏重
や組織内での固定化があることは
確かな気がします。

最近のご相談も、
「女性をイキイキとさせるしくみを作り
たい」「女性社員の活性化」などが多く
なってきていますから。

この時に鍵になるは、
制度・風土といったしくみの定着度合と、
女性社員のモチベーション度合いでしょう。
両方が少ないケースなどは、インフラ整備と
ともに男性社員全体も含めたハラスメントの
対策に舵を切るべきところもあります。
また、どちらも高く出る場合でも、
経営参画する女性社員の発信を強化する
意味でリーダーシップの開発が必要となっ
てくる。

「女性」だけの問題にするのもいかがかと
思いますが、「女性」をきっかけにする
ダイバーシティ、風土改革、マネジメント
改革は分かりやすい指標ともなります。

制度やしくみが整いつつある日本では、
今がまさに、私たち女子が「自立」を求め
られているような気がします。
選択が増えた分、主体的に自分たちのキャリアも
責任と覚悟をもって「選択する」意識が必要かな、
と。
私が担当させていただく、キャリアセミナーの
メッセージの一つです。

そうそう、先月は
GEWELの女性リーダーシップワークショップに
参加してきました。
いや、力強い女性リーダーが六本木に集結し、
にぎやかで、華やかで、それでいて前向き。
あの場にいると、この日経の記事で心配されている
日本での女性経営役員不足など問題ないような
気がするでしょう。。。

この報告は、ぜひ次回に。

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。