スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬ前に後悔しないために・・・

友人から
the guardian の興味深い記事を教えてもらいました。

"Top five regrets of the dying"
ナースが聞いた死ぬ前に語られる後悔TOP5

オーストラリアの看護婦の方が、死に直面した患者さんたち
から語られた「後悔」。それらは同じようなものが多かったそうです。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「誰かに望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」
という後悔。達成できなかった夢がたくさんあったことに、患者たちは
気づき、無念を感じるようです。これがもっとも多い後悔だそうです。
 
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。もっと家族と一緒に過ごせば
良かった、と感じるのですね。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世の中でうまくやっていくため、感情を隠していた結果、望んでいた存在
になれずに終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 
4. 「もっと友人との関係を強く、続けていけばよかった」

家族と同様でしょうか。
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。
そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いをめぐらせます。
もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、と。
 
5. 「もっと自分を幸せにしてあげればよかった」
驚くべきことに、とてもよく口にされる後悔だそうです。
「幸福は自分で選びとるもの」だと気づいていない人がとても多い、
と Ware さんは指摘します。古い週刊やパターンに縛られた人生を
「これでいいんだ」と思い込んでしまっていたこと。。変化を無意識に恐れ
「選択」を避けていた人生に残念な気持ちになるのかもしれません。
 
我々よりも少し先に旅立って逝った方々の言葉には、
考えさせられますね。とても、心に響きました。

私のタイムマネジメント研修では、「自分の弔辞」を作る
コンテンツがありますが、びっくりするような挑戦や大冒険、
そして、仕事に没頭している方ほど、家族との時間を
望まれていることがよく分かります。

つまり、皆さん望んでいるんですよね。
「死ぬ前に後悔しない生き方」を。

一歩踏み出すのは、「いつか」じゃなく、「いま」
だよね。なんだか背中を押してもらったお話です。 
Tさん、教えてもらって、感謝です。


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。