スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会議」を考える

最近、
クライアントさんが少し増えたこともあり、
様々な企業・組織の会議に参加する機会が増えています。
(ほぼ、毎日なのですが、、、)

私は昔から
「会議」ってその組織の端的な姿を表すものだと思っています。
だからこそ、コンサルティング業務に入らせていただく時は、
なるべくその組織の会議に参加させてもらって、
参加者、発言する人、内容、会議のスピード、まとめ方なんかを
よーく拝見させていただき(むろん、ガンガン参加しますが)
プロジェクトをひっぱたり、後押しできる体制に勤めるのです。。。

まず、発言。
参加者が腹の中の「思い」や「アイディア」を吐き出すような
会議をする組織もあれば、
一人ひとりの参加者が発言内容を「吟味」して小出しする組織も
あります。
どっちが「いい」とか「わるい」ではなく、
組織風土やスピードに合うか合わないか、、、だとは思います。

また、このようなタイプの違いに合わせた
まとめ方や集約の仕方も工夫が必要ですよね。。。
たとえば、
前者なら会議卓上にバーっと出された発言を整理して
取捨選択し、次回の会議につなげる役割が必要になり、
後者なら一つ一つの発言に注意を配って取りこぼしの
無い様、かつ行間や間を汲んだりする役割、、、
そして次の会議への発言を促せるような題目設定が必要、かな。
私自身は、
会議前にメンバーの立場やスピードと、プロジェクトの目的や各議題を
見直して、必ず頭の中でシミュレーションさせたりしています。
一人で妄想してる、、、ともいえますが。

よく「会議運営」というと、
リーダーやファシリテーターの重要性ばかりが
うたわれたりしますが、
参加者全員のベクトル(ゴール共有意識)と
コミットメント(ゴール達成意識)はもっと重要では、、、
と感じたりします。

「たかが会議、されど会議」
「会議」にフォーカスして、ちょっと目線や意識を変えることで、
効率があがったり、停滞したり。
自分達の会議をちょっと客観的に分析して、他社や隣の部の
運営と見比べてみたりするのも面白いかもしれませんね。

「会議」については、
私自身ももっと勉強を続けてみよう、と
「自分会議」で決議した次第です。








関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。