スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が人を幸せに?

先月ですが、
とっても興味深い記事を見つけました。

「75年間の研究で明らかになった 何が人を幸せにするか?」
by BUSINESS INSIDEDR

tomodachi.jpg


プロジェクトは、

ハーバード大学の75年間にわたる研究=Grant Studyで、
在学した268人の男性を対象に、卒業後に追跡調査を重ねて
行ったものです。
調査項目は、


飲酒の習慣、家族関係、収入、などあらゆる角度
からなされているもの。
研究を率いているGeorge Vaillantさんが2009年に
The Atranticに記事を発表した際、彼らの主張は
老年時の幸福、老年時の健康、そして暖かな人間関係が
もっとも「幸福」に影響するとしていました。

が、記事発表後に評価から懐疑的が見方が出たため、
Vaillantさんは再調査を実施、人を幸せにする
要素は「人との関係(人間関係)」と確認しました。

私が面白いな~と感じた調査結果:

◆ 母親との関係はとても重要な要素であること:
 ・幼年期に母親と暖かな関係が築けていた男性は、
  そうでない男性よりも8万7000ドルも年収が高い。
 ・幼年期に母親との関係が良好でない男性は、
  痴呆症になる可能性が高い。
 ・専門的な仕事をする男性は、少年期の母親との関係
  が仕事の効率性に影響を与えている。

◆ 一方、幼年期の父親との関係は、大人になってからの
  人生の満足度とはあまり相関がなかった。また、
  老年期の満足度と幼年期の母親との関係もあまり
  関係はない。

◆ Atrnticの記事では、金銭的に必要な分が確保されて
  いる場合は、それ以上が必ずしも幸せになるとは限らない。
  むしろ、愛、思いやり、感謝、希望、寛容などのポジティブな
  感情が幸福に影響する。
  だが、ポジティブな感情はネガティブなものよりも人を拒絶や
  傷心に直接さらす恐れがあり、短期的に見ると、ポジティブな
  感情はネガティブなものよりも人間をより傷つきやすくすること
  も明らかとなった。

◆ IQの高さと収入の高さに相関性はない。

◆ 研究者Vavillantさんの結論 
  ”幸福とは愛。以上!”

・・・・・・・

基本的には、
IQ<EQ 的な部分が
人間を幸福にする ってことかと
自分なりに整理しました。

ポジティブな感情で幸福になる一方、
人を傷つける(つけられる)原因にも
なりうる・・・

ポジティブとネガティブ、
無理やりもっていくものではなく、
自分の感情を認知(理解)することが
大事なのだと思います。

そうか~、そうだよね~っと納得する部分の
多い記事でもあり、家族、特に親子関係の影響の大きさ
について考えさせられました。
関係が良い=一緒に長く過ごす 
だけではないと思います、特に母親と息子の場合。。。

思春期まっただ中の息子をかかえ、
何だか考えさせられる記事でした。

・・・と、
男性と女性では、幸福の要素が違うんでしょうか?
興味、あるな~。 

もしあれば、こちらのブログでお知らせいたします。

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。