スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8年目の挑戦 

日経ビジネス 6/17号
に掲載いただいた

「社内専門家を腐らせるな」

の反響が思ったよりも大きいことに
少しびっくりしています。

特に、女性の方で、
お仕事を続けられている方から、

「私の次の働き方と決めています」
「読ませてもらって、”これだ”ってピンときました」
「会社員をこのまま続けるのかと悶々としていたところに、
道が開けました」

・・・

女性に限りませんが、



自分を活かし、社会に貢献していく方法は、
今や会社だけではありません。

私がアメリカのカレッジで
「コンピューターを専攻したい」といった
20数年前、アメリカに住む親せきの叔父は
「コンピューターなんて、勉強しても
役に立たないよ」と言っていました。

私が仕事を始めた約20年前、
ICなどという働き方はまだ存在していません。
インターネットが家庭からつながることなんて、
私たち一般の人では予測できていなかったことです。

10年前、
職場以外の場所で仕事ができる世の中になるなんて、
多くの人は感じていなかったはず。

そして、これから10年後、
誰が、何を、予測できるんでしょうか?

いろんなやり方があっていい。
会社になければ、提案してみればいい。
それでもなければ、自分でやってみちゃえばいい。

「働き方への挑戦」は手段ですから、
それぞれの目的を達成するために、
これからも、工夫をこらしていきたいですね。

皆様、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^_^)v






関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。