スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性リーダー研修が続きます

リーダー研修が毎週のように続いた9月でした。

今回のキーワードは「素直さ」。受講生の素直さが、
研修の効果を高めることに気づかされる現場でした。
研修では、全国から集められた主任レベルの皆さんの
「期待値」が、主催する人事や経営側の「期待値」とは
少しずれている所からスタートしました。主任レベルに
なった彼女達への会社からの期待は、「上司の右腕となり、
組織を実質的にリードする役割を担う」こと。しかしながら、
彼女達が考える主任レベルは、「知らない間に勝手に
主任レベルになっており、会社や上司から期待値や
役割を告げられた覚えはない、、、」 。

この期待値のズレがスタート時のすっきりしない空気を
作っていました。さっそく、人事の方とも相談の上、計画を
一部変更。まず彼らの期待や想い、感情を出し合って
発表いただくことにしました。
 皆で思いや感情を吐きだし、共有することに時間をかけ、
それぞれの不安や希望も共有していきました。結果、参
加者皆さんが、研修スタートから1時間で、初めて笑顔に。

ほとんどの方が入社して10年以上、それぞれの現場で力を発揮し、
周囲からは認められて主任レベルになった方々、まだまだ仕事を
継続する女性が少ない中、それでも現場で仕事を続けてこられた
方々です。職場ではそんな「想い」を話す場や機会がなかったようです、

ほぼ10年以上もの間。

 全員が、


ほぼ初めてこれまでの想いや、「なぜ今日、この研修に
来ているのか」の期待や不安を確認することができ、下向きかげん
だったみなさが、顔を上げてのスタートが実現しました。
でも、ここはリーダーの過去のための時間ではなく、
リーダーの未来のための時間。
それぞれのゴールを設定すれば、今度は前に進むだけです。 

自己を知り、自己についての洞察を深め、そして互いに
フィードバックし合う、そしてコミュニケーションスキル等、
講師をしている私がびっくりなくらいの貪欲さで学ぶ皆さんでした。
最終の発表では、これまでの想いとこれからの想いが
重なり、涙ぐむ方々も数名いらっしゃいました。それぞれが、
最初の顔つきとは全く違い、未来に向けた明るい顔つき
になっていたことは、会場の誰もが気づいたことです。
皆さんの「素直さ」が、不信感がいっぱいだった研修を、
一気に「互いに学ぶ場」に変えた一例になりました。素直に聴く、
素直に反応する、素直に発信する、この心がある限り、
学ぶことも、それを発揮することも可能だと、気づかせて
いただいた研修でした。

期待すること、期待できないこと、
参加者全員で書き出して俯瞰していきます。
DSC_0764.jpg

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。