スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATD アジアパシフィック大会 in TAIWAN! その2


DSC_0858.jpg

3日間にわたるAsia Pacific Conference @Taipeiの最終講演は
スイスIMD(世界中の経営者候補、
多国籍企業の経営幹部候補が集まるビジネススクール)の教授である 
Thomas Malnight氏による” Preparing Top Leadership Teams For the Future”
でした。以下、氏のプレゼンのポイントです。           

・プレッシャーや競争により、経営陣の視野が短期的になりがちである。
短期的な成果を上げながらも、長期的な視点からビジネスを創造し、戦略を
作っていくことが必要。

・未来を創造するためには、3つのステップがある。
1) Rethink(自分達のフィールドを再考する)⇒ 
2) Redefine(自分達のミッションを再定義する)⇒ 
3) Reshape(いかに働くか、いかに取り組むかを再構成する)            

・リーダーシップチームが未来を創造していくために、HRに携わる我々
は信頼されるパートナーとして変革していくことが必要というものであった。

 特に、


印象に残ったのは、リーダーシップチームのメンバーも人間であり、
時には数千、数万人にもおよぶ従業員に影響する意思決定を簡単にできる
人はいない。我々HRが未来を創る視点のための建設的な質問を投げかけ、
未来をつくる準備を彼らのパートナーとして関与する意識と行動が必要
というものです。そのためには、私達自身の役割を上記の3ステップ:

 Rethink,
 Redefine,
 Reshape することが急務である、というものです。
 
 Canfarenceの全体的な感想としては、世界的にHRの各機能の
充実よりもビジネスのインパクト(成果)を出すこと(生み出す)ことに
期待がフォーカスされていること、そのために、我々がより
Passive(受身)からProactive(積極的)な実行力が求められている
というメッセージが非常に多かったこと。

 また、開催地である台湾をはじめとするアジア企業HRの施策には、
社内の連携はもちろんのこと、社外、行政、地域、NPOなどの関係者
を巻き込んだ意図的な戦略をもった施策の発表には、大きな刺激を
受けました。

 同Canferenceは来年も台湾開催とのことです。謝謝!
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。