スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有休休暇 とってますか?

有給休暇計画的付与義務付け検討

昨日の日経一面に載っていた記事です。
計画的付与を企業に義務付けする 未消化分の買取り制度を導入 等の
制度を検討して2007年の労基法改正に反映されるかも  という
記事。

確かに、
日本の有給休暇取得率は平均しても40%台後半で50%を割って
います。与えられたお休みの半分も消化していないのです。
テルがこれまでに働いた会社では、これより数字は低いです、、、。

テルは、以前ドイツ系の会社で人事担当しておりましたが、
あちらドイツは年間で「4-6週間の休暇取得」が確立しています。
いつ電話しても「休暇中」、そんでもって「ワークシェア」を
実施していたので、なかなか一緒の仕事が進まなかったことを
覚えています。

でも、
日本の国民の祝祭日(法定で決められたお休み)は、
国際比較すると日数が多いんです。
ざっくりとした感覚で10-20%くらい多いでしょうか。
これは、有休休暇の取得が進まないことの裏返しかもしれませが、、。

「制度」というインフラもそうですが、
個人の生活と仕事とのバランスをとりながら仕事を続けるって
いう「意識」の変革の方も必要じゃないかな。

最近は、「空前の手帳ブーム」。
自分の時間、家族との時間、仕事を離れる時間、を
自分から作り出すことで、「計画的なお休み」を自分で
導入するのはいかがでしょうか?
人間、計画しないとだらだら仕事しちゃうってこともあるよね。

マネージャーの皆さん、
部下との面談時には、目標設定やアクションプラン立てだけでなく、
「で、休みはいつとるの?」の一言も忘れずに。
それから、自分からも「この期間は休む!」宣言をいれましょう。
「上司のお休み期間が部下を育てる」
これってほんとです。


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。