スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓器移植法改正のニュースを見て

先月、
臓器移植法の改正案が可決されました。
----------------------------
「脳死は人の死」案、衆院通過 臓器移植法改正(共同通信) -
> 衆院本会議は18日午後、議員立法4案が提出された臓器移植法改正案のうち「脳死は一般に人の死」と位置付け、本人が生前に拒否表明しなければ、家族の同意で臓器提供を可能にするA案(中山太郎元外相ら提出)を賛成多数で可決した。同日中に参院に送付。最初に採決されたA案が可決されたため、残る3案は採決されなかった。現行法で15歳以上とされている年齢制限を撤廃し、子どもの臓器提供に道を開く。

「誰かが生き続ける道」が「誰かの生命が途絶えること」の延長にある
場合がる、という事実を、私は恥ずかしながらつい最近まできちんと
認識していませんでした。

「臓器移植」自体が、
いつ自分や身近な人達の問題になってもおかしてくない。
とわかっていながらも、
なんだかいつも少し傍観者的になっていました。

本当に難しい問題だな、と思います。
TVや新聞報道で見る、断片的な知識しかありあませんが、
実際にかかわっている方々の誰と自分を重ね合わせても、
はっきりとしたスタンスをもつのは難しいだろうな、、、と。
いつも感じていました。

昨年、
実際に臓器移植にかかわった方とお仕事をご一緒させていただく機会があり、
初めて関わったご本人の、ご家族の、そして周りの方々のおは話を直接
うかがう機会をいただきました。

一番印象的だったのは、臓器提供をうけて命をつないだ彼女の、
ひたむきに「生命」と「ご自身」と向き合っていく姿勢、です。 

そして、彼女から紹介された本がこれです。
実際にあったお話をもとに書かれたもので、数年前には小学生向けの
読書感想文推薦図書にもなっていました。



賞をとったお子さんの感想文も読ませていただきましたが、
「移植」という事実に初めて触れたお子さん達の、素直な驚きと、それでいて
複雑な感情がよくあらわれていて、感心。

あらためて、「傍観者」になっていた自分を思い知らされました。
そんなところに、
今年になって法案改正のニュースが多く報道され、
本のことを、そして彼女のことを思い出しました。

「彼女」には、
今も時々お目にかかる機会をいただいています。
会うたびに、笑顔と元気と勇気をいただく方です。
来週も、お目にかかれる予定。 

本当に、いつも感謝です。



関連記事
コメント

池照さん
いつも素敵なお話をありがとうございます。
先日は池照さんの野望も聞けてうれしかったよ。
応援するから、がんばれ。

v-485とてもすがすがしい、すなおないい文章で、読んでいて感動しましたー。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。