スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「計画された偶然」理論について①

前回のこのブログで
クルンボルツ博士のPH理論の話を出しましたが、
友人から、「それって何?」と聞かれました。

クルンボルツ博士は米国スタンフォード大学の教授で、
1999年にPlanned Happentance(計画的偶発性)理論」を
発表しました。
これは、
博士が数百人にのぼるビジネスパーソンのキャリア分析に基づいて
発表した理論で、「キャリアの80%はよきしない偶然の出来事
によって形成される」というものです。

ただ、
「偶然の出来事をただ待つ」、のではありません。
自分にとって好ましい出来事が起こるように、日頃から行動を起こす
ヒトにはそのような「好ましい出来事」は起こりやすくなり、
そうでないヒトには起こりにくい。

実際に博士が「例」としてあげた話は、
「宝くじに当りたいと思うなら、まず宝くじを買う」。

これって思い当たる方も多いかと思います。
自分が置かれている現在の状況は、全て自分の「計画通り」と
いう方はそんなに多くはないはずです。
あるきっかけとなる出来事やヒトとの出会いによる影響で、
「今の自分がある」、と思うことはないでしょうか?

そして、
そのようなきっかけや出会いも、
本人が潜在的にでも意識して行動に出るか出ないかで、
「違い」が出ると私は思っています。

たとえば、
社内で新規製品に企画職をやってみたい、と希望する事務職の女性。
彼女は、今のままでは事務職からの異動機会がないことを悟ります。
自分から少しでも企画職に近づく可能性をとるため、
自分の企画をノートに少しずつでも書き溜め、
ランチタイム等に同僚や上司に「こんなのってどうですか」と
話をしてみることにします。
2年たったころ、ようやく彼女の会社でも「社内公募制」ができ、
さっそく彼女は企画職へ応募。
はじめは、「経験もなく、一般職の女性」ということで候補者として
可能性の小さかった彼女ですが、
ランチタイムに彼女の企画を聞いていた元の上司が、企画担当の部長
に彼女が「企画」に興味をもっていることを告げます。
晴れて、彼女は、一般事務職から社内第一号の「企画担当」になった
のです。

この続きは、また次回に、、、。

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。