スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICの田代さん

先月、
ひとつ念願の夢がかないました。

IC協会でご一緒させていただいている田代英治さんと
ゆっくりお話をさせていただく機会をいただきました。

田代さんと私の出会いは2007年の秋、
田代さんと私が所属するインデペンデントコントラクター協会の
「ICオブザザイヤー2007アワード」の懇親会会場でした。

この年のアワードには田代さんもエントリーして参加され、見事に
特別賞を受賞されていました。人事の大先輩でもある田代さんの
お話は、企業の人事マンから独立までのキャリア、
ICとしてのクライアントとの関係の築き方、そして、
クライアントから必要とされる要素を、とても分かりやすく
プレゼンテーションされていらっしゃり、今でもよーく覚えています。

もちろん、
田代さんは人事業界ではとても有名なブログ著者で、その1~2年前から
私自身も知人から教えていただいた田代さんブログの大ファン。
その田代さんが、私と会ったことを彼のブログに書き込んでくださっており、
彼のブログをみた多くの知人から「田代さんのブログに載ってたね」と
連絡をいただきましたっけ。
田代さんのブログの知名度の高さを、改めて感じた出来事でした。


田代さんのブログは、
社会保険労務士として、企業の元人事マンとして、そして現在の
IC人事アドバイザーとして時事労務・人事新聞記事や出来事に
対して丁寧な解説と彼自身の鋭く、示唆に富んだ
コメントで、とても読み応えのあるものです。
人事・労務に携わっている人、これからこの道を目指したい方には
本当におススメです。時々、お茶目なお人柄がちらりと見え隠れする
文章も魅力の一つです。

今回は、
今年の秋の日経新聞に田代さんが紹介されていたのを拝見し、
私が思い切ってメールでご挨拶をさせていただたことから「夢の出会い」が
実現しました。

ICとしてどうやって仕事と向き合うか、
どうやって自己研鑽していくか、
どうやってネットワークを広げていくか、、、、
大先輩でありながら、本当に気さくにたくさんの貴重なお話、
アドバイスをいただくことができました。

普段なかなか悩みや苦悩(?)を共有することが難しい
「IC」という働き方ですが、
こんな素晴らし先輩も日々頑張っておられるということが、
私にとってはものすごーく勇気づけられ、元気づけられました。

この場をお借りして、改めまして感謝申しあげます。

田代さんの著書である「人材開発会議」もいただき、
(以前にすでに拝読させてもらっていたのですが)、
読み返しては、田代さんのやさしい口調、人事に対する
真摯な想い、そしてご家族想いの素敵なお人柄を感じております。

人事の現場を、実務目線で、するどく紹介し、提言している一冊です。
本の途中にある「マンガ」が、ぐっと親近感を増す作りになっているおススメ本です。


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。