FC2ブログ

IQ vs EQ ?

先月は、
日系企業、そして外資系企業3社で
次世代経営層の選抜や研修に携わりました。
選抜や研修の目的は、各社によって異なりますが、
「次世代経営層」に必要な要素を並べていくと、
そこにはいくつかの共通点が見出せます。

MP900442227.jpg
 

それは、共通のキーワード、
「ロジカルシンキング」
「コミュニケーション」
「グローバル」と、どの企業でも
頻出してこの3つのワードが出てきます。

もう一段、かみ砕けば


続きを読む »

EQ導入事例 

先日の
EQシンポジウム参加報告の続きです。

「EQってどうやって社内で使うんですか?」は、
よく聞かれる質問のひとつです。
もちろん、会社によって課題や目的がありますので、
それらを解決・達成するためのツールとして、、、という
ことになります。

大きく分けて、
1) 人材開発・育成のツールとして そして
2) マネジメントスキル向上の策として
の2つがありますが、
両方を目的としている組織もありますね。

EQシンポジウムでうかがった 新日鉄、ディズニー、トヨタは
いずれも管理職層の研修でEQを取り入れており(一部一般職も)、
目的としては2)のマネジメントスキルを向上させることを
主眼に置いていると感じました。

導入の方法としては
EQ理論の理解(集合研修)→ EQ診断(個別) → プロファイラーフィードバック
→ 現場での実践(個別)→ 再びEQ診断(個別)→ 総括(集合研修)
の流れがスタンダードのようです。
この間に、EQ関連の講演を入れたりしているところもあるようです。

今回の3社の導入事例紹介では、

続きを読む »

第5回 EQシンポジウム

EQ理論提唱者である
J.D.メイヤー博士、D.R.カルーソ博士が来日され、
「EQシンポジウム」が開催されました。
私ももちろん、楽しみに参加。

EQの勉強をした時にお世話になった
東京学芸大学大学院の相川教授や、
EQグローバルアライアンス代表の高山さんも
一同に会する、まさに「EQをとりまく人々の祭典!」

とっても、楽しいお話が満載でした。

特に、
カルーソ博士の某法律事務所でのサクセッションプラン(後任者選定)
の事例はとても興味深い事例でした。
候補者へのインタビューとEQアセスメントから
「感情の認識」値が弱い候補者を選定するにあたり、
「能力開発計画(デベロプメントプラン)」
を作成、指導し、ともに実践する。

開発プランをたてることまでは、
アセスメント後によくあることですが、

続きを読む »