スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IC協会理事に就任しました

報告です。

今期より、IC(インディペンデント・コントラクター)協会
理事に就任いたしました。
設立から10年を迎え、IC協会も次のステージに向かいます。
私自身のミッションとしては、

 ・女性ICの更なるプロモーション
 ・新しい働き方としてのICの認知向上
 ・若手世代への啓蒙活動

を中心に活動を続けていく所存です。

・・・ まず第一弾として
9/27 には、 
「ICという働き方を女性IC 3人が語る~オフィス事情、時間の使い方、営業~」
を実施してまいりました。
icjoseikaigi.jpg

たくさんの方にお越しいただき、大変活発な議論
になりました。ご参加の皆様に感謝!
今後も、このような活動をドンドン続けて参ります!

女性リーダー研修が続きます

リーダー研修が毎週のように続いた9月でした。

今回のキーワードは「素直さ」。受講生の素直さが、
研修の効果を高めることに気づかされる現場でした。
研修では、全国から集められた主任レベルの皆さんの
「期待値」が、主催する人事や経営側の「期待値」とは
少しずれている所からスタートしました。主任レベルに
なった彼女達への会社からの期待は、「上司の右腕となり、
組織を実質的にリードする役割を担う」こと。しかしながら、
彼女達が考える主任レベルは、「知らない間に勝手に
主任レベルになっており、会社や上司から期待値や
役割を告げられた覚えはない、、、」 。

この期待値のズレがスタート時のすっきりしない空気を
作っていました。さっそく、人事の方とも相談の上、計画を
一部変更。まず彼らの期待や想い、感情を出し合って
発表いただくことにしました。
 皆で思いや感情を吐きだし、共有することに時間をかけ、
それぞれの不安や希望も共有していきました。結果、参
加者皆さんが、研修スタートから1時間で、初めて笑顔に。

ほとんどの方が入社して10年以上、それぞれの現場で力を発揮し、
周囲からは認められて主任レベルになった方々、まだまだ仕事を
継続する女性が少ない中、それでも現場で仕事を続けてこられた
方々です。職場ではそんな「想い」を話す場や機会がなかったようです、

ほぼ10年以上もの間。

 全員が、

続きを読む »

日経BP「ヒューマンキャピタルオンライン」で書評執筆をスタートしました

その名も、
 「池照佳代の人事・人材育成担当者が読んでおきたい本」 
日経BP社 ヒューマンキャピタルオンラインで、
ビジネス書評のコーナーを担当することなりました。

今月から、
毎月3冊の書籍をご紹介いたします。
人事・人材育成担当者の皆様と一緒に、
読みながら考えたい書籍ということで、
過去そして現在私が担当している
各クライアントの担当者の皆様の顔を
思い浮かべながら取り組んでいます。

「うふふ、△△さんだったらこの部分に思わず
線引いちゃうんでは・・・?」

「あー、この部分、「ちがーう!」って○○さんだったら
反応するんでは・・・」

なーんて。

月に3冊という宿題は、結構大変なのですが(すでに弱音)、
これまで超いい加減に読んでいた書籍に読み方を、
少しでも丁寧にできるのではとポジティブにとらえています(^^♪

すでに、日経BP社の編集長から次号に向けた
書籍のご紹介もあり、プレッシャーですが・・・(*_*;

がんばります。

ちなみに、今月ご紹介したのは以下3冊です。

『グローバル時代の人事コンピテンシー』


『クリエイティブ人事』


『企業内学習入門』


今後も続きます!
どうぞよろしくお願いいたます♪ 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。